メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

市指定文化財
藤切り祇園祭


指定年月日 平11.11.25

所 在 地 かすみがうら市深谷 藤切り坂

所有者又は管理者 八坂神社

 深谷八坂神社の祭礼で毎年7月第4土曜日(以前は旧暦6月21日)の宵祇園の日に行われます。
 八坂神社を祀る深谷地内の深谷一・二集落、上郷集落、東部集落、下郷集落、幕田集落が5年を1周として巡まわりで上当(頭)・下当(頭)をつとめます。御輿をかついだり、藤を切るのは上当、藤づるや大魚(堅木の丸太をナラなどの小枝で包んだもの)を用意するのは下当の役目とされています。
 宵祇園の日の午後、御輿の小浜下りが始まり、その帰途御輿が藤切り坂にさしかかると、下当の若衆が土手の上で藤づるを力いっぱいまわし、これをさえぎります。上当の者は、薙刀で四苦八苦してこれを切り、次に坂の上にある大魚をナタで切ります。これで御輿が通ることができ、藤切りの行事は終了します。この藤づるを切る行為には、幾多の困難を乗り切るという意味が込められており、疫病退散、五穀豊穣、民生安定を祈願する行事として、現在も続けられています。