メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

市指定文化財
宍倉城本丸跡 


指定年月日 昭49. 3.22 

所 在 地 かすみがうら市宍倉449-1ほか 

所有者又は管理者 個人

 堀と土塁で防備をかためた「掻上げ城」で、城郭は馬場・新宿・天王町におよび、周辺の低地を堀とし巧みに利用して築いています。
 この城は、永享年間(1429~1440)のころ、小田氏の重臣野田遠江守の居城とするところでしたが、その後、菅谷氏の支配となり、文亀年間(1501~1503)には菅谷隠岐守貞次が城主となりました(『新編常陸国誌』)。菅谷氏は小田氏の有力な武将で、この地方で勢力をのばしていましたが、元亀・天正の世に至り小田氏が衰退していく中で、天正元年(1573)7月に佐竹氏の攻撃を受け、その軍門に下った(『佐竹家譜・後』)といわれます。
 その後、文禄4年(1597)佐竹氏の家臣大山田刑部が入りましたが、慶長7年(1602)佐竹氏の秋田国替えによって廃城となりました。本丸跡は、城内稲荷神社が鎮座するほか畑地となってよく残っています。