メニュー

お知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

市指定文化財
笠松城跡

指定年月日 昭46. 8. 1

所 在 地 かすみがうら市中佐谷468ほか

所有者又は管理者 個人

  中佐谷の台地が東南にのびた突端にあり、その南側に天の川、北東部に御館川が流れて城跡の東南端で合流する要害の地です。今は、北部に高さ1m足らずの土塁を残すのみですが、現在も「城山」の地名で呼ばれています。
 正元年間(1259~1260)、常陸大掾資幹の孫に当たる佐野郷の地頭佐谷左衛門尉実幹の築城と伝えられ、当時は佐谷城と称しました。
 慶長7年(1602)から約40年間、志筑領主本堂氏が居住し笠松城としました。