メニュー

お知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

展示案内

平成28年度企画展Ⅲ「ちょっと昔の米づくり 陸の発明家 本澤庄十郎」
※こちらの企画展は終了しました。(掲載内容は開催当時のものです。)
        


会   期 平成28年10月8日(土)~平成28年11月6日(日)
       ※月曜休館(祝日の場合は翌日休館)

開館時間 午前9時~午後4時30分
 


   ごあいさつ
 
  霞ヶ浦周辺地域では、レンコンの栽培が日本一であり、全国各地の食卓に潤いを与えるとともに、霞ヶ浦の湖岸風景としても多くの人から親しまれています。出荷用蓮根の栽培が開始されたのは、昭和30年頃のことであり、その後増加を続けて現在に至っておりますが、それ以前は、湖岸低地をはじめとして、筑波山系の山すそにおいても、稲作が盛んに行われていました。
  稲作は、日本においては縄文時代の終わり頃から開始され、国を代表する農業となりました。また、長い歴史の中で、文化としても深く地域の人々に根付いております。今回の展覧会では、大正から昭和にかけての米作りの方法や道具、稲作にまつわる信仰、そして米作りの中で最も重労働であった耕転作業に、多大な効率化をもたらした発明家「本澤庄十郎」を取り上げます。
 本展覧会をとおして、土地と向き合い生きた先人達の苦労や、情熱について思いを馳せていただければと思います。


     

企画展のチラシはこちらからご覧になれます。(
企画展Ⅲチラシ.pdf


記念講演会「筑波山地域のお米、なぜ美味しい?土壌とお米の良い関係」
       日時:平成28年10月29日(土曜日)
           午後1:30~3:00
       会場:郷土資料館研修施設(旧歩崎公園ビジターセンター)
       講師:大倉 利明氏(農研機構 農業環境変動研究センター)