メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

市指定文化財
帆引き網漁法の漁具


指定年月日 平21.12. 1

所 在 地 かすみがうら市坂1029 市郷土資料館

所有者又は管理者 かすみがうら市

 霞ヶ浦の帆引き網漁法は、明治13年に折本良平によって考案されたもので、帆を使い風の力によって船を横向きに流し、網を水面や水中に入れて曳く漁法です。帆(風力)と網(抗力)と船(重力)の三つの力でバランスをとり、船の前後に出し棒を結び、その先端に出し縄をつけ、帆げたに吊り縄をつけて網の口を大きく立体的に広げ、網を水中に入れて曳きまわしました。その後、漁師、船大工、網大工等の手によって少しずつ改良されてきました。