メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

市指定文化財
雪入十五社神社祭礼幕


指定年月日 平21.12. 1

所 在 地 かすみがうら市雪入

所有者又は管理者 雪入区

 雪入地区が保管する、横9.5m、幅2.3mの木綿製横幕で、文政2年(1819)に製作されたものです。十五社神社は通称明神様と呼ばれ、武甕槌命を始めとする十五神が祀られています。十五社神社では、霜月15日(現在は12月15日)に、「おばんずくみ祭礼」「鍋かけず祭礼」が行われていました。この祭礼時に頭屋で使用されていたのが本幔幕で、「鹿島踊り」「鹿島事触」の図柄が描かれています。
 幔幕の図柄は、折烏帽子に狩衣の神官姿で八咫烏を描いた日形の幣を持つ人と、餅を搗く兎を描いた月形の幣を持つ人、銅拍子を鳴らす人などが現わされており、鹿島踊りとよばれています。この踊りは、鹿島大明神の神託と称し、春ごとにその年の豊凶・吉凶を触れ歩いたもので、多くの庶民に「めでたいものを運ぶ」「一年を幸せに過ごせる」として受け入れられ、本幔幕にも描かれたものと思われます。