メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

指定文化財
木造千手観音菩薩坐像


指定年月日 平16. 3.25

所 在 地 かすみがうら市安食972

所有者又は管理者 福蔵寺

 寄木造り玉眼の坐像で、大きさは78.5㎝を測ります。頭上に頂上仏、高髻元に4菩薩、地髻元に6菩薩を配し、天冠台を彫出しています。髪は毛筋彫り、上半身は裸形で左肩から条帛をかけ、また両肩から天衣をまとっています。下半身は裳をまとい、右足を上に結跏趺坐し、手は四十二臂で二手を胸前で合掌し二手を臍前で宝鉢(欠失)をとる姿であらわされ、両肩からの脇手はそれぞれの持物をもっています。彩色は肉身部を漆箔、髪を群青、衣を漆塗として非常に美麗ですが、これは台座裏の墨書銘から大正11年の補彩であると思われます。
 製作年代は、後世の彩色により本来の姿を失っていますが、作風から鎌倉時代後半から末期と推定されます。