メニュー

お知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

市指定文化財
千手観音堂

指定年月日 昭46. 8. 1

所 在 地 かすみがうら市中志筑1325

所有者又は管理者 須賀神社

  千手観音堂は、かつては朝日山慈眼院千手寺と称する真言宗の寺院で、石岡市染谷地区の宝持寺の待寺でした。現在の堂宇は、元禄十五年(1702)領主で、ある本堂氏や、近郷近在の人々による寄付によって再建されたものです。
 千手寺は、檀家を持たない祈願のための寺で、かつては当寺住職が道路の向かい側にある須賀神社の別当職を務めていたようです。しかし、やがて時代は下り当寺が廃寺となった頃に前後し、須賀神社の総代が管理を行うようになり、現在に至っています。