メニュー

お知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

県指定文化財
木造地蔵菩薩立像

指定年月日 昭33. 3.12

所 在 地 かすみがうら市戸崎1300

所有者又は管理者 松学寺

 戸崎地区の松学寺は曹洞宗の寺で、寺伝によれば明応2年(1493)の創建といわれています。本像は、像高101.4㎝の一木造りで、右肩外側部を別材で矧ぎつけています。胸の周辺には粗い鑿目が残り、体部は奥行きがなく偏平で、衣文には漆の線文が見られます。鼻先、両手先、持物の錫杖、両足先、腹前の飾りはすべて後世の補作で、蓮弁文の円光背や台座も後補です。右手には錫杖を持っており、腹帯をしているところから、通称「腹帯地蔵」とよばれ、安産信仰の対象として近隣の人々に親しまれています。
 製作時期は、平安時代の様式がうかがえますが、時期は下がるものとみられています。