メニュー

お知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

県指定文化財
宝珠杵

指定年月日 昭40. 2.24

所 在 地 かすみがうら市深谷1399

所有者又は管理者 法蔵寺


 深谷地区の法蔵寺に伝わる伝説では、「狢五鈷(むじなごこ)」とよばれています。鈷杵は、人間の煩悩をうちくだく密教法具で、古代インドの武器である銛を密教に取り入れたものです。握りの両端にある銛の数により、1本のものを「独鈷」、3本のものを「三鈷」、5本のものを「五鈷」と呼び、杵のように中央部を持つことから、それぞれ独鈷杵、三鈷杵、五鈷杵と呼ばれています。
 この宝珠杵は、長さ17.4㎝の金銅製で、仏性の姿を明らかにする金剛杵の一種です。銛の間に火焰形の如意宝珠を3個ずつ配しており、中央の鬼目も大きく八葉蓮弁帯も太いことから、鎌倉時代の作と推定されています。