メニュー

お知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

県指定文化財
木造十一面観音菩薩坐像

指定年月日 昭
44.12. 1

所 在 地 かすみがうら市深谷1399

所有者又は管理者 法蔵寺

 深谷地区の真言宗法蔵寺の本尊で、桧材による寄木造り、像高90㎝の十一面観音菩薩像です。玉眼入りの四臂像で、首ほぞを設け、内刳りを施し、各腕を両肩で矧ぎ付け、両脚部を矧ぎ寄せています。金箔塗ですが度々の火災にあい、光背や台座は失われ、化仏も三面を残すのみとなっています。
 宝髻を高く太めに刻み、面相にも張りがあって全体的にすぐれた仏像です。製作年代は鎌倉時代と推定されています。