メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

県指定文化財
石造九重層塔

指定年月日 昭44.12. 1 

所 在 地 かすみがうら市牛渡3902 

所有者又は管理者 宝昌寺

 牛渡地区の曹洞宗宝昌寺に建てられた花崗岩製の九重層塔で、初重軸部に梵字か銘文らしいものが確認できます。屋根の勾配は急で、軒を厚くして緩やかな軒反りをみせ、各重とも軒裏に垂木型をつくっています。総高350㎝、相輪50㎝、塔身260㎝、基礎40㎝を計ります。言い伝えによればこの塔は、牛渡八田に館を構えた、小田家八代の小田孝朝の供養塔といわれています。
 孝朝は、小田流を創始した剣の達人であるとともに、書や和歌にも長じた武将で、「小田系譜」によれば、応永21年(1414)に没し、牛渡宝昌寺に葬られたとあります。室町時代初期の建立と推定されています。