メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

県指定文化財
富士見塚古墳(1号墳)

指定年月日 平20.11.17

所 在 地 かすみがうら市柏崎1546-71ほか 

所有者又は管理者 かすみがうら市

 富士見塚古墳群は、菱木川と霞ヶ浦の間にある狭長な台地に広がる古墳群で、5世紀から6世紀にかけて造営された、前方後円墳1基と円墳3~4基からなる古墳群です。
 富士見塚古墳(1号墳)は、全長80.2m、前方部の高さ9m、後円部の高さ8.5mの前方後円墳で、平成2年に行われた発掘調査の結果、後円部から粘土槨の痕跡と、前方部から箱式石棺1基が発見されました。副葬品としては、直刀・鉄鏃・金銅製馬具・管玉・ガラス玉などがあり、周堀・墳丘裾部・くびれ部の張り出し部から円筒埴輪や形象埴輪が出土しました。古墳の築造は、埴輪などの特徴から5世紀末~6世紀初頭と考えられます。