メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

県指定文化財
鰐口

指定年月日 昭44.12. 1 

所 在 地 かすみがうら市安食1071 

所有者又は管理者 太宮神社
 

 鰐口は、社寺の建物の軒下に吊るし、祈願のために前に垂らした綱を引いて打ち鳴らす梵音具です。本鰐口は、青銅製で直径33㎝、厚さ7.3㎝を計り、全体的に薄手の作です。中央の撞座を直径6cmの蓮華座とし、その外は同心円の圏線によって5区に分けられており、外側に下記のような銘文が陰刻されています。

「常州國南野庄安食郷太宮鰐口 応永十年癸末三月廿八日 浄超敬白」

この銘文から、太宮神社の社僧である浄超が応永101403)年に奉納したものであることが分かります。