メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介
国指定文化財県指定文化財市指定文化財
文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

県指定文化財
絹本著色阿弥陀三尊来迎図


指定年月日 昭
44.12. 1

所 在 地 かすみがうら市宍倉787

所有者又は管理者 最勝寺

 宍倉地区の浄土宗最勝寺にある阿弥陀如来来迎図で、宍倉城主である菅谷隠岐守の母が寄進したと伝えられています。阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩が三幅に分かれて描かれており、それぞれ縦100㎝、横44㎝の大きさです。
 中央の阿弥陀如来は、上品下生の印を結び、右の観音菩薩像は蓮台を持ち、左の勢至菩薩は合掌して踏分け蓮華にのっています。製作時期は、鎌倉時代末期とされてきましたが、近年では江戸時代の作とする見解もあります。
 なお、元禄4年(1691)に水戸藩2代藩主徳川光圀によって修理されたといわれています。