メニュー

催し物のお知らせ業務内容利用案内施設案内展示案内出版物の紹介出版物の販売・発送について入館料免除申請について埋蔵文化財について地図市内指定文化財の紹介文化財一斉公開帆引き船フォトコンテストお問合せ

かすみがうら市公式

教育委員会トップ

生涯学習課
 

展示案内

かすみがうら市 市制10周年記念企画展 「竹内百太郎と伊東甲子太郎~つながるワタシたち~」



会期
2015年3月7日(土)~2015年5月10日(日)

この企画展は終了しました。

休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合翌日火曜日が休館となります。)

ごあいさつ

 かすみがうら市は、平成17年3月に千代田町と霞ヶ浦町が合併し、平成26年度(平成27年3月)には10周年を迎えました。この合併10周年を記念し、かすみがうら市では旧両町を代表する歴史的人物を取り上げてマンガとして紹介することとしました。

 今回は、激動の幕末期に水戸学を学び新しい国づくりの志をたて、明治維新に向けて大きな功績を残した人物「竹内百太郎」と「伊東甲子太郎」を取り上げました。
 
百太郎と甲子太郎は、歴史を学ぶなかで日本国のあり方を知り、日本人が歩むべき道筋について考えました。その結果、尊王攘夷の思想にたどり着きます。日本そして日本人の因果関係を知り、日本の将来を見据えた二人は、多くの人々に賛同されリーダーとなって行動し明治維新の原動力となりました。
 このマンガ出版に合わせ、企画展「かすみがうら市市制10周年記念 竹内百太郎と伊東甲子太郎 ~つながるワタシたち~」展を開催いたします。

マンガを読み、かすみうがうら市郷土資料館で、2人を足跡学び、志を感じ取り、茨城の歴史的魅力の再認識と共に日本の行く末を考えるきっかけとなれば幸いです。


             今回の展示風景


         竹内百太郎の錦絵(左)と伊東甲子太郎の肖像画(右)


かすみがうら市市制10周年記念 マンガ「竹内百太郎と伊東甲子太郎~つながるワタシたち~」を一部500円にて販売しております。